トップ

学校が加盟している日連

学校に関する雑学

反省文

日本学校農業クラブ連盟とは

1950年に結成された、日本学校農業クラブ連盟というものがあります。これは、1948年に農業高校生たちの自主的と自発的な組織として、全国に誕生したことがきっかけとなり、日連が結成されることになっています。日本のすべての都道府県に連盟があり、たくさんの高等学校が加盟し、ブロックに分けられて活動を行っています。日連は、科学性と社会性と指導性の3つの目標を掲げています。日本の将来のためには、日連に加盟している高校生たちの力が必要とされています。こちらでは、「リーダーシップ」という機関誌も発行しています。

農業を学べるところは

農業の職業訓練ができる学校では、社会人の方も多く参加されています。将来、農家になるのを目指して畑作りから作物の育て方などを勉強することができます。農業の職業訓練を卒業した後は実際に農家になる人も少なくありません。クラスは少人数で先生から基礎知識を教えてもらいながら、一緒に作物を育てていきます。期間は半年間ほどで、水田で米を植えたり、野菜を育てたりする作業がメインになります。実際に野菜などを育てながら楽しく学べるようになっています。少人数なので学校を卒業する頃にはみんなと仲良くなれています。卒業旅行をするケースも多くあります。

↑PAGE TOP